お問合せはお電話でも承ります

まずはお電話ください

045-328-9033

外壁塗装のメリット!放置せずにメンテナンスを行う必要性とは?

お役立ち情報

外壁補修と言うのは、確かに直ぐやらなくても目に見えた被害にはなりません。しかし、外壁塗装のメンテナンスは、住宅にとって絶対に欠かせないものです。ここでは、外壁塗装の必要性と共にメリットをお伝えします。是非、外壁塗装を行う際の参考に役立てて下さいね。

外壁塗装のメリットについて

そもそも外壁塗装の必要性とは?

皆さんは、雨漏りや外壁損壊など、家で暮らしていく中で直接的影響がなければ、「そのまま外壁塗装のメンテナンスをせずに過ごしても良い」と思っている方もいるのではないでしょうか?ですが、結論から言うと答えはNOです。今は目に見えなくても、いずれはガタが来てメンテナンスが必要になってきます。メンテナンスのサインや兆候が現れなくても、およそ10年で外壁塗装を行うのが通常の目安です。

「何故、外壁塗装をなぜするのか?」と言うのは、人によって色々と考え方はありますが、根幹的部分として重要なことは防水機能です。もちろん建物の美観も大切ですが、その他にも外気温の断熱、汚防止、劣化防止など、こうした性質的にも絶対的に必要なお手入れになります。こうした防水の徹底が何故必要かと言うと、水と言うのは木材や鉄筋など家造りに使用される全ての物を劣化させるからです。日本は気候的にも、雨も雪も降りますし、湿気も世界的に見て高い国になります。なので、外部からの様々な影響を受けやすい環境なので、補修するべきタイミングで補修し、最悪の状況を防いで家の寿命を延ばしていきましょう。

外壁塗装のメリットとは?

耐久性アップで寿命を延ばす

外壁塗装は、外観が綺麗になることはもちろん、先ず、耐久性がアップして建物の寿命が延びること大きなメリットに挙げられます。建物の寿命が延びることは、建物の資産価値を保つことにもなり、耐久性アップによって安全で快適な暮らしの保証にも繋がっていきます。建物と言うのは、常に自然の脅威に晒された状態でいますよね。雨が降れば雨水や雨粒は壁に当たり、採用されている材質によっては水が染み込むこともあります。また、壁材の隙間は浸水原因にもなる為、古くなってきた壁と言うのはクラックが生じるなど、水が入り込んでしまう隙間の候補が沢山出てきます。なので、外壁塗装のメンテナンスは、浸水や隙間へ侵入することから食い止めること出来るのです。壁材に水分が触れることは、耐久性を低下させる大きな原因になるので、外壁塗装でしっかり浸水を防ぐことで壁材ダメージ抑制になり、耐久性アップに繋がります。

防水性・透湿性アップでガビや害虫被害を防止

外壁塗装は、外部浸水を食い止めるので、建物の耐久性をアップして寿命を延ばすことが出来ますよね。また、外壁塗装の水分対策には、実は、カビ対策やシロアリ対策にも繋がっています。外壁塗装を行うことによって、壁材から浸水を防ぐので壁材腐食の防止に役立ち、水分の多い環境を好むカビやシロアリの繁殖を減らす効果が期待出来るのです。また、カビに関しては、衛生面で人への大きな影響を及ぼす恐れがり、家の中の空気がカビで汚染される状態になれば、物理的に建物の耐久性が維持できても、健康面において快適な生活を送るのは難しくなります。なので、そのような事態を防止出来れば、子供のいる家庭、病気の方がいる家庭の場合、健康面で安心することが出来ますよね。また、シロアリ繁殖は壁の耐久性に影響を及ぼすので、家全体を使用不能にする大きなリスクがあります。外壁塗装でシロアリ対策が出来ることを知っておくことは重要です。

断熱効果・遮熱効果をアップ

外壁塗装は、断熱性能や遮熱効果をアップするメリットも持っています。遮熱と言うのは、外の温度影響に対して壁が遮る性能で、熱せられた外気や冷たい空気が室内へ侵入したり伝導したりすることを防止します。また、断熱と言うのは、住宅内部の温度を外に逃がさず、冷やした空気を外に逃がさない、こうした性能を持っています。なので、外壁塗装を行うことによって、壁に新たに膜が出来る形になるので、外気侵入の遮熱性能、内部空気を逃がさない断熱性能、この2つの機能を高めることが出来ます。古くなった外壁塗装のままだと、快適な温度の中で快適な生活で出来なくなるので、こうしたデメリットも理解しておきましょう。

まとめ

ここでは、外壁塗装の必要性と共にメリットをお伝えしてきましたが、いかがでしたか?外壁塗装のクラック、剥がれ、チョーキングなどが起こっていながら、そのまま劣化状態で長く放置していれば、外壁に浸水して水が染み込むことで、雨漏り、外壁や外壁内部の鉄筋に腐食が起きるなど、大きな被害に発展してきます。そうなってしまえば、修繕にかかる工事費も大きくなるので、外壁塗装に異常を見つけたら専門業者に早めに見てもらい、修理依頼するのが安心・安全です。