お問合せはお電話でも承ります

まずはお電話ください

045-328-9033

定期的なメンテナンスは必要!外壁塗装で押さえておきたい注意点とは?

お役立ち情報

外壁は、建物外観イメージに影響する部分なので美観保持も大事です。しかし、外壁塗装は雨水侵入の防水機能や、断熱・遮熱機能を担っており、デザインだけの観点で施されている訳ではありません。ここでは、定期的に必要な外壁塗装に関して、失敗しない為の注意点をお伝えします。

外壁塗装は業者選びが重要なポイント!

外壁塗装は、業者がとても多く存在するので、信頼出来る業者に出会うのが難しいです。実際に、「感じが良さそうな業者だな」と思って契約しても、「相場価格より高額費用を請求されてしまった…」と言う話は珍しくありません。塗装工事は本来、施工住宅の面積、条件、使用塗料など、それぞれの状況で施工内容が変わるので、定価と言うような基準が無く、費用相場を掴むことは出来ません。しかし、知識が無いからと言って、業者に全て任せしてしまうと、高額費用を請求されてしまっても、多少高くても納得して支払いしてしまう方も多いのです。後になって、「見えない部分を手抜き工事されていた…」と言うトラブルになっては、本来の耐用年数より早く塗膜劣化が起こり、数年で再び塗装するハメになります。なので、自宅の塗装工事を行う際、1社だけで契約するのでは無く、適切な見積もりを出しているか、最適な塗料を選定しているか、それらを判断する為にも最低3社で相見積もりし、業者をしっかり選定するのがお勧めです。そして、少しでも不明な点があれば質問をして、明確な返答をしてくれることも大事なポイントです。

見積書は詳細に記載してあるものを貰う!

例えば、高額な住宅リフォームを行う際の外壁塗装では、複数の業者から相見積もりを取った上で判断するのがお勧めです。相見積もりを出してもらう理由には、業者同士を見比べして吟味する為に行うます。この際、価格の安さだけを見て選定してしまうのはお勧めしません。それは、安さの理由と言うのが、グレードの低い塗料を使用する、必要な工程を省いているなど、どこかしらに安い理由が隠されているからです。なので、耐久性にももちろん劣る為、塗装工事をまた直ぐに行わなければなければならない危険が潜んでいます。

塗装工事の見積り書に関しては、信頼出来る業者であれば、塗料メーカー、商品名、塗装面積など、見積り書からしっかり工事内容が想像出来る詳細内容を記載しています。なので、逆に言えば、詳細内容が曖昧な見積もりを出す業者は避けるべきです。外壁塗装一式など合計金額だけの見積りを出す業者もあり、このような業者は、見積りの時点で断るのが懸命な判断です。やはり、どんな工事を行い、どんな塗料を使用するか、工事内容が見積書から見えて来ない業者は、丁寧な仕事をしてくれないので危険です。工事の見積書と言うのは、金額確認はもちろん、どのような作業をいくらで行うのか、詳細な情報が把握出来なければ意味がないと言うことを覚えておきましょう。

保証やアフターフォローの充実!

塗装工事と言うのは、誰が行っても施工直後は綺麗です。ですが、下地処理がしっかり行われていなければ、直ぐ塗装が剥がれてしまう、サビが浮いてくるなど、トラブルが多く出てくるのが塗装工事の特徴です。なので、外壁塗装で契約する際には、工事に保証がしっかり付いているのか確認し、また、保証がある場合も保証範囲や期間など、細かな部分まで確認しておくようにしましょう。また、口約束だけで済ませてしまうと「実際に何もしてもらえなかった」と言うことになるので注意しましょう。業者保証のアフターフォロー内容や期間は、契約書にきちんと記載してくれるように頼むのがお勧めです。その際、断られるようであれば、何もしてくれないと考えましょう。

使用塗料についてアドバイスをもらう!

外壁塗装費と言うのは、建物状況や施工面積が大きく関係します。なので、足場や劣化状況を見て、プロの目で必要と判断する項目は、基本的に消費者側で変えることは出来ません。しかし、塗装工事塗料は、プロのアドバイスを聞いて消費者の意見も反映可能です。塗料に関しては、選択する塗料で耐用年数や単価が違うので、ライフプランも含めて検討するのがポイントです。塗料が違うことで、耐用年数が倍以上違ったり、費用が10倍以上変わってきたりします。塗装工事は塗料が工事の主役なので、適当に選ばずアドバイスを貰いながら決定するようにしましょう。

まとめ

ここでは、定期的に必要な外壁塗装に関して、失敗しない為の注意点をお伝えしてきましたが、いかがでしたか?定期的にメンテナンスが必要な外壁塗装は、工事に失敗しない為にもポイント押さえた工事を行いましょう。住宅の美観保持が目的と考えられている塗装工事には、実は、防水性や断熱性などの機能をもたらすものでもあります。外壁塗装の劣化は、建物にとって深刻なリスクになるものなので、劣化しきってしまう前に計画的な再塗装を進めていくことがポイントになります。