塗装を検討する主な3つの症状とは?|鎌倉市・藤沢市・横浜市の外壁塗装会社 横浜ペイント.com

当店を皆様のホームドクターにしていただけませんか? 皆様の外壁を綺麗に仕上げます
私たちは職人なので営業は下手ですけど、技術は自信があります。
単に外壁がきれいになる(メイクアップ)ではなく皆様のご自宅の寿命を
のばすお手伝い(お医者さん)をさせて頂きたいと思っています。
当店を皆様のホームドクターにしていただけませんか? 皆様の外壁を綺麗に仕上げます
私たちは職人なので営業は下手ですけど、技術は自信があります。
単に壁がきれいになる(メイクアップ)ではなく皆様のご自宅の寿命をのばすお手伝い(お医者さん)をさせて頂きたいと思っています。

塗装を検討する主な3つの症状とは?

2024年06月26日 16:34:00

先ず1つ目は、チョーキングです。
チョーキングと言うのは、外壁を触った際に付く白い粉で、塗装後10年前後で発生します。
早急に塗装が必要なので、これは塗装検討のサインです。塗膜の剥がれや膨れが発生している場合は、塗膜劣化の十分な証拠です。塗膜が無いと雨水浸入の可能性があります。
また、剥がれや膨れに関しては、塗装目的の建物保護機能が失われているので、早めに塗装する必要があります。

次に2つ目は、ひび割れです。
ひび割れと言うのは、クラックと言い塗膜のみひび割れしている状態です。
なので、早急処置は不要です。

そして3つ目は、雨漏りです。
雨漏りが発生すると言うのは、外壁はもちろんですが建物構造自体の劣化が考えられ、早急対応が必要です。
また、天井やベランの下に雨染みある場合、建物内部に水が侵入している恐れがあり、必ず専門業者への相談が必要です。

「業者に相談して最適な時期を!」


条件さえ整えば、塗り替えは年中可能です。
一般的に、塗料硬化・乾燥に適した気候条件と言うのは、気温約15~30℃、湿度75%以下と言われています。
なので、この条件が自分の地域ではいつ頃になるのか確認してみましょう。
しかし、最適な時期を待っている間も経年劣化は進行します。
このような危険を回避する為にも、塗装工事に関しては早めに業者へ相談して適切な時期を判断してもらうようにしましょう。

一覧へ戻る